FC2ブログ
抹茶黒みつブログ
ニコニコ動画でゲーム実況をしている抹茶黒みつの動画更新情報用ブログです。お気軽にコメント頂ければと思いますが、ゲームのネタバレや強引な指示はご遠慮下さい。
定期生放送19回:零~刺青の聲~まとめ&ゲーム進行度
更新)まとめ書き終わりました。↓下の続きからどうぞ。

零~刺青の聲~1時過ぎから7時20分くらいまでの長丁場でした。
なんとか進めてよかった!来週エンディングを見れると思います。多分。
皆様お疲れ様でしたー。今日は泣き言多くてごめんね(><)情けないです。
これをいい経験にして頑張ります(●^o^●)


明日うp予定のグランディアはむ、無理かもしれません。ごめんなさい。大神の収録がおしたのが響いてます(涙)
---まとめ---

・一枠目からよだれ全開。

・今夜も迷子

・らんらんるー★

・今日のおっさん(※音だけ出演)

・ggrks

・今日もやっぱり視聴者さんにレンズの使い方を教えられる。

・今日もやっぱりアドバイスしてもらってしまう。

・零最大の壁---対:幼女巫女三人戦

・3対1…だと…?

・なんという枠の無駄遣い。

・テクモさんちょっとここに座りなさい。

・イケメンが家にやってきた。

・そしてなぜか居すわった。

・zzzzゲシュタルト崩壊

・連戦で憔悴していく私。

・イケルイケルキモチノモンダイダ!

・あのインテリアじゃ恋人は帰ってきません。

・螢事件まとめ)手紙攻撃→電話→家におしかける→初対面なのに呼び捨て→あがりこむ→泊まり込む→ソファー汚す

---ゲーム進行度---

十一ノ刻

深紅のターン。
祓いの灯火を気にしながら進む。
相変わらず迷いながらも「戒ノ儀文書」をゲット。

全身に刺青を入れられた巫女は、
刻宮へと行き、久世ノ宮の最奥部にある狭間へといく。
そして身の回りの世話をしてくれた鎮女たちによって
四肢を杭で穿たれるのだ。

縄の男などに追われながら書物庫へ。
祭壇に「戒ノ儀文書」を納めると前に見た釣り牢へと行けるように。

前に巫女姿の女性が倒れていた釣り牢へ入ると
そこには「砌の鏡」があった。
同時に刺青模様の日記も拾う。

それは、刺青の巫女(零華)の日記だった。

深紅を導くように、たびたび現れる鎮女・雨音。

以前封印されていた中庭からの扉に入り
刻宮へ。
祭壇の前にいる老女を撮影すると、それは久世家の当主だった。

当主を退治。

砌ノ鏡をその場にある祭壇に納める。

奥の御簾が開き、深紅はさらに奥へと…進んでいく。

そこはらせん状の階段が深奥部まで続く奈落の底だった。
底にたどり着くと、待ち受けていた三体の鎮女と戦闘になる。

5回くらい…しんだ…かなっ…orz
なんとか意地で倒して、奈落の底の扉を開いて進む。

そこは水をたたえた場所で、細長い橋が奥へとつながっていた。
橋の上を進む着物姿の男。

それは雨音の兄であり、零華の恋人の要の姿。
要はゆっくりと刻宮の奥へと進んでいく。
雨音の兄を慕う心が、深紅をここに呼び寄せたのだろう。

深紅は、その男と兄の姿を重ねてみてしまう。

かつて氷室邸に置いてきてしまった兄。
深紅はずっとそのことを後悔していた。
兄を置いて来てしまって本当に良かったのだろうか。

深紅は、雨音の兄を想う気持ちと完全に同調していた。

目覚める怜。
夢の中で兄を追っていってしまった深紅を心配して
深紅の部屋へ。

深紅はベッドの上で膝を抱えてうつむいていた。
一瞬、深紅の全身に広がる刺青。

「わたしたち 死ぬんです」

かつての氷室邸での出来事。
兄を置いてきてしまい、自分だけ生き残ったという後悔を
怜に打ち明ける深紅。
深紅は今度こそ、兄と一緒にいくつもりなのだ。

同じ残された者として、怜は深紅を深く思いやる。
ひとりで生き残った者の痛みは、自分にもあるから。

再び眠ると、また深紅の夢。

深紅はあの氷室邸にいた。
これは、深紅の「あの時をやり直したい」という気持ちが作り出した氷室邸なのかもしれない。
縄の巫女を倒し、どんどん氷室邸の奥へ。

真冬が消えていった扉の奥へと向かうかどうか。
深紅は考える。
追っていってしまったら、もう戻れない気がする。

それでも深紅は。
あの時をやり直すため、兄を追っていってしまう。

兄を追う深紅。
必死に呼びかける怜。

「深紅、行ってはだめ!」

しかしその制止を振り切って、深紅の魂は兄を追って狭間へと消えていった。

目覚めた怜が深紅の部屋へと行くと
深紅は深い眠りの中にいた。
どんなに呼びかけても起きない。
このままでは、煤となって消えてしまうのだろう。

その時、玄関のチャイムがなる。

訪ねてきたのは天倉螢だった。
姪・澪のために「眠りの家」の秘密を探り続けていた螢。
彼もまた眠りの家に引きずり込まれていた。

自分達は死ぬかもしれないと、弱気になる怜を励ます螢。
螢は独自の検証から、儀式に失敗し狭間を彷徨う巫女の四肢に
刺青木という特別な杭を刺せば助かるかもしれないと言う。

十二ノ刻

螢のターン。
相変わらず刺青の巫女が彷徨う屋敷。
巫女をかわしながら、屋敷の四か所にちらばる祭壇から刺青木を手に入れる螢。

髪を梳かす女・鏡華を倒す螢。
彼女は「帰ってくる」と言っていなくなった恋人・秋人を待ち続けていた。

しかし秋人は、久世家のしきたりにより殺されてしまっている。
それを知らない鏡華は、螢を秋人と間違って襲ってきていたのだ。

刺青木の杭を手にした螢は刻宮へと進む。
奈落の底で久世家当主を倒し、巫女が眠る場所へと進んでいく。

地下の奥にある大きな洞窟。
そこは封印されるかのように大きな扉が閉じられていた。

洞窟の扉を開き、入る螢。
暗い洞窟。
そこでは、あたり一面にたくさんの巫女が杭を打たれて眠っていた。

床に刺青の巫女を見つける螢。
しかし彼は愕然とする。

杭を打っていないから彷徨っていると思い込んでいた刺青の巫女。
しかしその四肢には、杭がすでに穿たれていた。
杭を穿たれてなお、刺青の巫女は怨霊と化して眠りの家を作りだしていた。

そのすさまじい怨念の力に恐怖する螢。
眼の前で刺青の巫女の四肢の杭が引き抜かれていく。
やがて立ち上がった刺青の巫女から逃げようとする螢。
しかし無情にも螢が出ようとした扉は、眼の前で閉じられる。

目覚めた怜。
ソファで眠っているはずの螢を心配してリビングへと行くと。

ソファには、人の形のままの煤がこびりついていた。

螢は消えてしまった。
今までの例と比べるとあまりに突然すぎるが、
おそらく刺青の巫女の強い怨念にさらされたせいだろう。

螢が残したノートやカセットテープを聴いてみる怜。

テープを聞いている途中に、家の中から奇妙なラジオの音が聞こえてくることに気づく。

↑今ここらへん
コメント
コメント
まとめいつもお疲れ様です。おさらいにとても助かってます!

ところで澪の項目、恐らく書き間違いで「天倉深紅」になってますよー!

ちょっと気になってコメントさせていただいただけなので返信は必要ないです(*^^)それでは今日も生楽しみにしてます!
2009/06/19(金) 23:48:53 | URL | nike #tuEXU5AU [ 編集 ]
はじめまして。
いつも楽しく動画拝見しています。

今週も零生お疲れ様でした。
私は5時過ぎに落ちてしまいましたが、幼女巫女との激闘が見られたのでおおいに満足しています。視聴者も含め、全員で闘ったかのような一体感が楽しめました。生ならではですね。
来週は最終回予定とのことなので、ラストまでお付き合いできればと思います。

日付変わって今日のドラクエ生も楽しみです。
どちらのゲームもやったことがないので、まとめ記事にはとても助けられています。ありがとうございます。

それでは、またコメントさせていただきますね。
ではでは。
2009/06/21(日) 00:15:41 | URL | こもごも #mQop/nM. [ 編集 ]
一日遅れでおつー。
いやもう本当にね、抹茶さんの胆力って言うのかね、心底驚いたよ。
よくぞ、みんなが見ているっていうプレッシャーの中で巫女戦闘を終えてくれた!
見てる側がイライラしだす可能性だってなくはないし、抹茶さんの根性が尽きる可能性だってあった。
だのに、すごい根性だよ。
こういうところは、尊敬するなぁ。

心配せずとも、視聴者は抹茶さんにどこまでも着いていくさ。氷室邸にもきっとみんな行けるさ。
本当におつかれー。

今日のドラクエも楽しみにしてるから、ゆっくりお休み。
2009/06/21(日) 10:33:17 | URL | ciash #- [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する